スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3回坂本龍馬脱藩トレイルラン参加募集のご案内

文久二年(1862年)三月二十六日(新暦4月24日)、土佐藩郷士坂本龍馬は、ペリー来航以来風雲急を告げる時局を洞察し、自らの使命を自覚するや、決然として伊予との国境・韮ヶ峠を越えて、土佐藩を脱藩した。脱藩という大罪を犯し、追手から逃れようと山道を急ぐ坂本龍馬一行は、またトレイルランナーでもあった。
脱藩する龍馬一行(飛翔の像)

幕末の志士、坂本龍馬が土佐を脱藩する際に駆け抜けたことで知られ、文化庁の『歴史の道百選』にも選定されている梼原街道は、『龍馬脱藩の道』として全国にその名を轟かせる、龍馬ファン憧れの道。
この企画は、韮ヶ峠から御幸の橋までの龍馬脱藩の道と、河辺ふるさとの宿までの間の全行程約16㎞をトレイルランし、龍馬が通った当時の風情が残る道中の風景を楽しみながら、龍馬の脱藩の追体験をするものです。
ふるさとの宿到着後は、入浴を済ませてからアマゴのさつまなどの地元の味を楽しんでいただきます。

【第2回龍馬脱藩トレイルランの写真】
韮ヶ峠出発前

DSC_0965 - コピー

DSC_1001 - コピー

DSC_1096 - コピー

【参加資格】
20歳以上の健康な方で、トレイルランの経験者もしくは山道16km以上を走る体力を有する方。

【参加費】4,000円(昼食代、保険料等含む)

【日 時】4月25日(土)、午前8時

【場 所】河辺ふるさとの宿集合

【定 員】20名(お申込み先着順)

【コース】韮ヶ峠(土佐・伊予旧国境)を脱藩~男水~榎ヶ峠~御幸の橋~ふるさとの宿

【講 師】忠政 啓文氏(プロトレイルランナー)

【日 程】午前8:00  集合・受付
       8:30  韮ヶ峠移動
       9:30  韮ヶ峠スタート
      12:30  ふるさとの宿ゴール、入浴・昼食

【問合せ・申し込み】
申し込み用紙に必要事項(氏名・年齢・住所・電話・メール・緊急時連絡先・ランニング歴)を記入の上、河辺ふるさとの宿まで郵送・FAX・メールで。
★前日に宿泊ご希望の方は、1泊2食付6,000円です。(飲み物代は含まれません)

【河辺ふるさとの宿】〒797-1606 大洲市河辺町三嶋134
①ふるさとの宿・桜


第3回坂本龍馬脱藩トレイルラン参加申込書

氏(ふり)  名(がな)

年齢・性別   歳   性別   男  女

住   所

電   話

メ ー ル

緊急連絡先

ランニング歴

送付先:河辺ふるさとの宿 〒797‐1606 愛媛県大洲市河辺町三嶋134番地
℡0893‐39‐2211 Fax0893‐39‐2123 Mail: furusato@alto.ocn.ne.jp
スポンサーサイト
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。